下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

ついに3年ぶりのマイナーチェンジが行われましたね。
2代目シエンタのマイナーチェンジなので、さっそく試乗車に乗って価格まで確認してきましたので、レポートしたいと思います。

2019年9月11日にシエンタがマーナーチェンジして発売されましたが、試乗車は案外空いていて何時でも予約可能でした!
なので、各社色違いや7人乗り・5人乗りと準備されているので、1日で3件をハシゴするという冒険を行ってきましたよ。

ご購入の参考にしていただければ幸いです。

【スポンサーリンク】

シエンタマイナーチェンジの試乗車は・・・

シエンタがマイナーチェンジしたので、試乗車も各販売店に配置されています。
今回の試乗では、発表直後ということもあって配車が間に合っていない店舗もあるらしくて、予約した店舗から別の店舗へ変更になったところもありました。

せっかくのマイナーチェンジなのにトヨタも準備不足なんじゃない?
なんて思ったりしましたが、たぶん豪雨災害の影響で配車が青くれたのではと想像しています。

今回の試乗の目的は、もちろん5人乗りの登場で人気が出そうなファンベースをメインに試乗してきました。
7人乗りも忘れることなく試乗してきたのでご安心を・・・

では、今回試乗した試乗車を紹介しましょう。

3店舗の試乗車に乗ってきました。

1.トヨタ店
7人乗りハイブリッドG

2.トヨタカローラ店
5人乗りFUNBASE(ファンベース)G ガソリン

3.トヨペット店
5人乗りFUNBASE(ファンベース)G ガソリン

 

今回は、新しく投入された5人乗りのFUNBASEがメインで試乗してみました。
実際にいち早く乗ってみたかったんですよね!!

試乗車なのですが、一人で自由に乗り回すことができなかったので走行性能はあまり検証できなかったのですが、5人乗りだから格段に乗り心地がよくなったなんてことはなかったです。

1台はブルーでなかなか選択しないし、街中でも遭遇しないカラーに乗れてよかったと思います。

 

【スポンサーリンク】

シエンタを試乗した感想

シエンタの5人乗りも7人乗りも試乗してきたので、それぞれの感想を報告していきましょう。
外装・内装・乗り心地や営業マンからの情報もちょくちょく絡めて報告するのでお見逃しなく!!

まずは、みなさんが興味がありそうな新設定の5人乗りから紹介しましょう。

シエンタ5人乗りの試乗をした感想と評価

5人乗りのシエンタってどうなんだろうと感じる方も多いのではないでしょうか。
5人乗りなら普通乗用車でいいんじゃない?
なんて思ってしまうのが普通でしょうね。
しかし、ここであえて5人乗りを発売したということの意図は知っておきたいと思いませんか。

営業マンの話だと、
・7人は乗ることがなくなってもシエンタが運転しやすい。
・5人乗りで十分だけど荷物はいっぱい積みたい。
・自転車が載せれても大きな車は嫌

こんな顧客ニーズに答えたんだと話していました。

端的に言えば、「5人で十分だけど自転車などの大きな荷物もいざとなったら載せられる車」ということでしょう。

7人乗りと違いはありませんね。
外装は全く変わりません。外から見ると5人乗りなのか7人乗りなのかはみわけられません。
実際に車の中を見ないと判別は不可能ですね。

中も運転席や助手席を見ただけではわからないので、後ろの席を見て初めて5人乗りだと判別できます。
特に特徴的なのは、荷室のオレンジの丸い数個のデザイン部分


これがついているのが5人乗りFUNBASE(ファンベース)の大きな特徴です。

遊び心を持って乗りこなすためのと言ってよいほど、アウトドアや車中泊を意識して作られています。
なので、オプションも多くて購入時には色んなオプションが付けたくなって蓋を開けたら見積りが高くなっていたなんてことになりそうな予感を受けました。

3列目がない分、荷室の空間が大きくなっています。
もちろん2列目への下に3列目を収納するスペースもいらない訳なので、広くなるのは当然ですけどね。

よく聞く7人乗りだけど3列目はほぼ荷物置き場になっていたり、3列目は収納したっきりで使ったことがないという声も多かったので、そんな方やその可能性が大きい方にはこの5人乗りはオススメです。

3列目の収納など面倒な操作もしなくていいし、収納が重いからめんどくさくてなんて方にはピッタリ!!
頻繁に大きな荷物を運んだり、子供の送り迎えで自転車を載せないといけないご家庭には必需品って感じです。

シエンタ7人乗りの試乗をした感想と評価

7人乗りではハイブリッドに試乗してきました。
シエンタを選ぶ時には、ガソリン車かハイブリッド車かよく迷う方がいるということを営業マンが言ってました。
その判断は、年間1万キロ以上走行して、10年は乗るという方であれば30万ほど高くなるハイブリッドを購入することをオススメしているようです。

ハイブリッドと言っても街乗りが多い方は燃費の大きな差の恩恵を受けることができないということですね。

ただ、ハイブリッドの良い点は燃費が良いだけではなくて、走行時の静かさなのではないでしょうか。

実際にガソリン車とハイブリッド車に1日で試乗したので、その違いは大きく感じられました。
スタート時はエンジンを使わないのでハイブリッドはかなり静かです。
アクセルを踏み込むとエンジンに切り替わるのでそれなりのエンジン音が聞こえて来ます。
ただ、車の中での会話が聞こえなくなるというような大きさではないし、気にならない程度の大きさですので、ご心配なく。

運転のしやすさはどうかというと、とても見晴らしも良くて運転がしやすいと感じました。
フロントガラスも大きくて、視界を邪魔することもなくバックミラーもサイドミラーも見やすくて、今回から標準でついたカメラなども邪魔にならない箇所についているので、安全に運転できます。

シートもマイナーチェンジでワンランク上のカバーになっていて触り心地は良くなっています。
シートのホールド感はスポーツ車ではないのでなかったのですが、マイナーチェンジ前と変わりありませんね。

唯一、7人乗りで不便だと感じたところは、3列目に乗り込む際に2列目を跳ね上げる操作がワンプッシュで良いのですが、小さな子供が跳ね上げるには重すぎるかな?と感じました。
特に元に戻すときには大きな力が必要で大人でも”重い”と感じるほどなので子供には重すぎる感じです。
この点が今後改良できると、他車との差別化ができるし、ファミリーには大きな選択要因になりそうです。

 

もちろん3列目に大人はキツイですね。

足がギリギリで長時間のドライブも苦痛になってしまいます。小さなこどもであれば余裕のスペースなので、こどもが小さい頃に購入する分には十分だと感じました。

 

【スポンサーリンク】

シエンタマイナーチェンジの試乗からの見積り価格チェック

では、試乗車に乗ってきたので見積りをしてもらって価格を確認しました。皆さんの参考にできるよう公開しちゃいます。

トヨタカローラ店での見積り2つ

シエンタ ハイブリッド 5人乗りFANBASE(ファンベース)G

+タイヤを185/60R15アルミに変更
+ヴィンテージブラウンパール
+コンセント(AC100V)追加
+LEDランプパッケージ追加
+TOYOTA SAFETY SENCE 追加
+パノラマビュー対応9インチナビ追加
+FANBASEセット追加
+ETC追加
+ドライブレコーダー追加

総額 : 3,250,000円

シエンタ ガソリン 5人乗りFANBASE(ファンベース)G

+タイヤを185/60R15アルミに変更
+ヴィンテージブラウンパール
+LEDランプパッケージ追加
+TOYOTA SAFETY SENCE 追加
+パノラマビュー対応9インチナビ追加
+FANBASEセット追加
+ETC追加
+ドライブレコーダー追加

ガソリン車にはバッテリーがないので、コンセント(AC100V)の追加ができません。

総額 : 2,900,000円

コンセント(AC100V)が43,200円なので
ハイブリットより、約30万円安くなってます。

次に、同じ5人乗りハイブリッドですが、色とオプションを少し変更して見積もったバージョン
トヨペット店での見積り

シエンタ ハイブリッド 5人乗りFANBASE(ファンベース)G

+タイヤを185/60R15アルミに変更
+ブラック/ベージューの2トーン
+スーパーUVカット/シートヒーター追加
+コンセント(AC100V)追加
+LEDランプパッケージ追加
+TOYOTA SAFETY SENCE 追加
+パノラマビュー対応9インチナビ追加
+12インチ後部座席ディスプレイ追加
+ラゲージユティリティセット追加
+ETC追加
+ドライブレコーダー追加

総額 : 3,357,754円

トヨタカローラ店は値引きで端数を切って覚えやすい金額にしてくれているのに比べて、トヨペット店は端数そのままでお客様目線で見れていないことがよくわかりますね!!

トヨタ店での見積り

シエンタ ハイブリッド 7人乗りG CUREO

+タイヤを195/50R16アルミに変更
 +ブラック/ヴィンテージブラウンの2トーン
 +スーパーUVカット/シートヒーター追加
+LEDランプパッケージ追加
+TOYOTA SAFETY SENCE 追加
+パノラマビュー対応9インチナビ追加
+12インチ後部座席ディスプレイ追加
+ETC追加
+ドライブレコーダー追加
+SRSサイドエアバック、カーテンシルードエアバック

総額 : 3,537,866円

こちらも端数処理せずにそのままの金額を提示されてますね。

全体的に少し欲張ってメーカーオプションを付けているので、価格が高くなっていますが、オートバックスなどで購入して付けた方が良いものも含んでいます。

定価での見積りになっていますので、値引き額を想定して参考にしてください。

ちなみに営業マンに値引き額を聞くと、「非常に厳しくて10万円も厳しいんですよ!」との言葉が返って来ました。

シエンタと言っても全く安い買い物ではないので、下取り車も含めての検討が必要ですね。

シエンタのマイナーチェンジで試乗車に乗ったまとめ

シエンタのマイナーチェンジ後の試乗車に試乗した内容とその時に見積もってもらった情報をお伝えしました。

マイナーチェンジで大きく変化したわけではないのですが、より中高年うけのマイナーチェンジであったのかな?という印象を持っています。

色(カラー)も落ち着いた色合いで変更されているので、一層その色が強いんだと思います。

皆さんの購入時の参考になれば幸いです。

新型シエンタが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型シエンタがほしい!
新型シエンタは、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「欲しい車は高いから気が引ける…」
  • 「頭金も多く出せないしボーナスないかもしれない…」
  • 「値引き交渉が強く言えない…」
  • 「多くのディーラーに行くのもめんどくさい…」
  • 「しかもディーラーの口がうまくて…」
  • 「やっぱりどこよりも安く買いたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車のことはネットで調べても信頼できる情報は性能や定価だけ。
車の性能をわかっても費用や値引きのことは教えてくれません。。

というより、知らない人が大半です。

妻に相談しても、
「安い方でいいんじゃない!」
とあっさり・・・

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の6年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
25万円でした。

値引き額はというと、この時点で
20万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては45万も出して貰えれば十分でしたので、
「あと、30万どうにか!」なんて言えませんでした。

このときは、とりあえず用事があって間に合わないから
帰ることにしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、60万円も安く買えたんです!

もちろん特別仕様車でオプションもたくさん付けちゃいます!

最新の車は燃費も安全性能も装備もいい。家族を守るためにも
新車がやっぱりいいです!

私みたいに自分のほしい新車がもう少し頑張れば、
納得できる金額で買えるあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!