下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

現在のシエンタは、“燃費が良い”といわれていますが、実際の燃費は、どうなのでしょうか!?
ハイブリッド車とガソリン車、実際に乗られている方の、口コミをまとめ、比較してみました。
燃費の良し悪しは、車ユーザーにとっては、やはり、誰もが注目するところですよね?
みていきましょう。

【スポンサーリンク】

シエンタのカタログ燃費は?

現在の新型シエンタは、2015年7月9日から、発売されたものです。
カタログなどには、ガソリン車で、15.4~20.6㎞/L。ハイブリッド車では、27.2㎞/Lの燃費と、記されています。
トヨタのミニバンの中では、かなりの燃費の良さを誇っているシエンタです。

この燃費は、JC08モードによって、測定された数値です。
これは、定められた条件で、走行して出した数値であり、普段、私たちが、車を運転する条件や環境とは、異なっています。
なので、カタログなどに記されている数値は、最高の数値と言えます。

実際の走行では、燃費は、約20%下がると、言われています。
これは、シエンタだけに限りません。
他の車でも、JC08モードによって、測定した場合はすべて同じです。

つまり、シエンタのガソリン車で言えば、およそ12.3~16.5㎞/L。
ハイブリッド車では、およそ、21.8㎞/Lが、実際の走行数値となるわけです。

では、この数値を念頭に置いて、燃費の口コミをみていきましょう。

【スポンサーリンク】

シエンタの燃費の口コミまとめ

それでは、シエンタのハイブリッド車とガソリン車の、“燃費の口コミのまとめ”をご紹介していきましょう。

まずは、現在の新型シエンタから初登場した、ハイブリッド車の口コミのまとめから。

平均燃費で多かったのは、18㎞/L辺り。高速道路では、20㎞/L。
冬場は、燃費が下がるとの声があり、約14~15㎞/L。

何と!、最高30㎞/L代を出したとの声もありました。

ビックリですね。

感想としては、

*ガソリン車と比べて、燃費の良さを感じている。
*満足です。

という、口コミが、多かったように思います。

*高かったけど、買って良かった。

高いだけの値打ちはあるということですね。

又、初めて、ハイブリッド車にした方の中には、
*運転のコツをつかまないといけない、そうすれば、もっと燃費が良くなるだろう。

といったような声もありました。
やはり、ガソリン車と勝手が大分、違うのでしょうか?
試行錯誤している方もいるようです。

【スポンサーリンク】

ガソリン車の口コミのまとめ

続いては、ガソリン車の口コミのまとめです。

平均燃費15㎞/L前後。
高速道路では、20㎞/L辺りの声も。すごいですね!ハイブリッド車と同じです。

感想としては、

*満足してます。
*もう少し燃費が、良ければ…。
*もう少し乗れば、燃費が上がるだろう…。
*あまり乗らないので、この位の燃費だろう。

などといった、内容のもの。様々でした。

シエンタのガソリン車は、4WD・2WDによって、燃費も違うし、グレードによっても、多少の差があるので、燃費にバラつきが出るのでしょう。

シエンタの燃費の口コミ比較

シエンタの燃費の口コミは、本当に多くありました。
人気の高さを感じますね。

ハイブリッド車の燃費は、普通辺りでしょうか…。

まだ、運転のコツをつかみ切れていなかったりで、その為、燃費が伸びなかったり、冬場は、燃費が下がることで、平均燃費が落ちてしまう、という印象も受けました。

ですが、ハイブリッド車は、エンジンとモーターの持つ特性を生かして、上手く作動させる仕組みになっているので、平均燃費に大きな差が出ないのでしょう。

しかし、ガソリン車の運転と同じでは、燃費がアップしないようなので、コツをつかむ必要があるようですね。
初めは加速していき、その後、アクセルをゆるめ、EV走行を長く保つことが、燃費アップのポイントになるようです。

 

続いて、ガソリン車。燃費は、良さそうですね。

ハイブリッド車と違って、運転の仕方や、条件・環境によって、燃費の差が大きく出る場合があることを感じました。
ガソリン車は、いろいろと乗り慣れていて、比較しやすい分、評価もシビアなのかな…とも思いますね…。
期待度も、高かったのでしょう。

アクセルとブレーキを上手く使いこなすことが、燃費アップの鍵となるかもしれません。
そして、たくさん乗ってあげることが、大事ですかね。

ハイブリッド車とガソリン車、今回比較した分では、あまり差はないようですが、やや、ガソリン車の方が、燃費は良さそうです。
トータル的な満足度で言えば、ハイブリッド車が、やや上ですね。

カタログ上での燃費よりも、実際は、20%下になることを知っていれば、評価はもっと変わるかもしれませんね。

ですが、トヨタのミニバンの中では、燃費の良さを誇るシエンタ、さすが!といった所でしょう。

シエンタ燃費の口コミ比較のまとめ

「シエンタの燃費の口コミ、比較号☆」について、書いてきました。
同じ車でも、運転する場所や条件、人によって、こんなにも燃費に差が出るのですね。
だから、車って、面白くて、楽しいのかもしれません。

最初にシエンタが、登場したのは、2003年。この15年間の間に、いろいろと改良され、進化してきました。
デザインも、大きく変わりましたよね。

そして、2018年9月11日に、さらに、シエンタは進化をして、私たちの前に現れる予定です。
ハイブリッド車が、燃費をアップさせるだろうと、囁かれています。
今年の秋は、シエンタに注目ですね。
又、良い口コミが、見られるでしょうか…?
楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

新型シエンタが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型シエンタがほしい!
新型シエンタは、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「欲しい車は高いから気が引ける…」
  • 「頭金も多く出せないしボーナスないかもしれない…」
  • 「値引き交渉が強く言えない…」
  • 「多くのディーラーに行くのもめんどくさい…」
  • 「しかもディーラーの口がうまくて…」
  • 「やっぱりどこよりも安く買いたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車のことはネットで調べても信頼できる情報は性能や定価だけ。
車の性能をわかっても費用や値引きのことは教えてくれません。。

というより、知らない人が大半です。

妻に相談しても、
「安い方でいいんじゃない!」
とあっさり・・・

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の6年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
25万円でした。

値引き額はというと、この時点で
20万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては45万も出して貰えれば十分でしたので、
「あと、30万どうにか!」なんて言えませんでした。

このときは、とりあえず用事があって間に合わないから
帰ることにしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、60万円も安く買えたんです!

もちろん特別仕様車でオプションもたくさん付けちゃいます!

最新の車は燃費も安全性能も装備もいい。家族を守るためにも
新車がやっぱりいいです!

私みたいに自分のほしい新車がもう少し頑張れば、
納得できる金額で買えるあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!