下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

今回はシエンタの燃費向上のテクニックを紹介します。

最近のガソリンの高騰には頭を悩ませますね。
一時期は高騰幅が大きくて、ガソリンの節約がブームになるほどでしたが、今ではガソリン価格に慣れたのか、レギュラーが150円/l台であっても騒ぎにもならないようになっています。
習慣というのは恐ろしいですね。

しかし、ガソリンを入れるたびに「高いな~」って思います。
毎回、6,000円ほど取られるわけですから大きな出費です。
なんとかして燃費を抑えたいところですが、思うように燃費は良くならないことが多いようです。

そこで、今回はシエンタに乗られている方に向けて燃費の向上を行う基本的なテクニックをお伝えします。
この5つを実践して習慣化できれば燃費向上に貢献できますので、しっかりと頭に入れて頂いて、明日からの安全運転に活かしてください。

【スポンサーリンク】

シエンタの燃費はどうやって計算してる?

シエンタに限った話ではありませんが、車の燃費ってどのように測っているのでしょうか。
実際にカタログで見た燃費の数字が実際に購入して燃費を確認すると大きく下回っていて大きなショックを受けた経験は多くの方が経験していますよね。

実際に燃費はどのように確認されていますか?

最新の車に乗られている方には燃費計が付いていることが多いので簡単に走っている途中でも平均燃費や瞬間燃費と言って運転している瞬間の消費燃費が計算されて表示される機能が付いていて簡単に確認できるようになっています。

この燃費計、結構示す幅が大きくて、15Km/lのときがあったり23Km/lのときがあったりして、本当に合ってるの?と思うときがありますが、なんと誤差が5%ぐらいしかないそうで信頼しても良い数字だと言うことです。

運転が荒くてECO運転ができていなくて数字が低かったりしていたのでしょう。

この燃費計が付いてない方は、昔ながらの”満タン法”で計算していますよね。

満タン法を知らない方のために計算方法を解説しておくと、

1.ガソリンを給油するときに満タンにする。
2.走行距離のメーターを0にリセットする。
3.普段通りに走行する。
4.次回の給油の時、同じく満タンにする。
5.このときに給油量と走行距離を確認する。
6.走行距離を給油量で割って燃費を算出する。

いつも燃費を気にしていないと走行距離の確認を忘れてしまって正確な燃費を計算できなかったりするので注意が必要ですが、あまり神経質になりすぎるのもいけないので、程々に気にしましょう。

街乗りが続いたときに3回ぐらいと高速を走ったときに1回の計測をすれば十分だと思うので、燃料計が付いていたとしても一度計測してみると良いかもですね。

【スポンサーリンク】

なぜ実燃費はカタログの燃費より低くなるの?

では、燃費の不思議に迫って見ましょう。
カタログの燃費を見てこんなに走るんだったらいいんじゃない?
こんな思いで購入を決めた方も多いと思います。特にハイブリッド車はガソリン車とははるかに燃費がよいので、速攻で購入を決めたとか、ハイブリッドしか選択肢にないという方も多いです。

しかし、実際に載ってみるとまったくかけ離れた燃費しか燃費計に表示されないことが多くて、なんか損をした気分になってしまった経験を持たれていますよね。

なぜ、カタログ燃費と実燃費って異なるのでしょうか?
そもそもこんなに違ってもいいのでしょうか?

カタログ燃費と実燃費が違うのはなぜ?

カタログ燃費と実燃費に差がでる大きな理由は、カタログに載っている燃費の計測は特別な方法で計測しているから。
よくカタログを見ると燃費の近くに「JC08モード」(ジェイシー ゼロハチモード)という表記があります。
その昔は、1991年(平成3年)制定した「10・15モード燃費」という測定方法で計測されていましたが、このときも実際の走行とはかけ離れた測定だったので、2011年(平成23年)4月1日以降はこのJC08モードに統一されました。
”より実際の走行パターンに近い測定法を実施。測定時間も倍近く長くなるほか、平均時速も高められ、最高速度も70km/hから80km/hに引き上げられる。重量区分に関しても10・15モードよりも細分化されたため、実際の重量により則した計測となる。”

ただ、近々2018年10月1日から、日本国内の排出ガス/燃費試験の基準は、国連が定めた国際基準であるWLTPに全面移行されるということが決まっています。

「JC08モード」は色んな走行パターンで計測していますが、実際に道路を走っているわけではないのです。
「シャーシダイナモ」と呼ばれる計測機械の上に車を載せて、タイヤがローラーの上でくるくる回る仕組みであたかも路上を走っているような想定を作って計測しています。

引用 http://www.niigata-ct.com/blogs/3491.html

様々な環境が違って計測され、抵抗も少ないため燃費は高い数字が出てしまうということになってます。

これまでの口コミなどを分析すると多くはカタログ燃費の70%ぐらいが実燃費になるだろうと言われてます。
なので、カタログ燃費をそのまま信じるのではなく、70%の数字を計算して車選びに活用してくださいね。

シエンタで言えば、ハイブリッドのカタログ燃費が27.2Km/lなので、約19Km/lが実燃費だと考えて良いということになります。

【スポンサーリンク】

シエンタ燃費向上テクニック5選

カタログ燃費と実燃費の違いがわかったところで、燃費を向上させるにはどうすればいいのかをお伝えします。
と、その前に燃費が悪くなる要素を知っておく必要があるので、代表的な燃費を悪くする行動をいくつか上げて行きましょう。

燃費が悪くなる行動とは

多くの方は、常に燃費を気にして走るっていうことが面倒くさいので、交通事故に合わない程度に運転をしているはずですが、以外と頻繁に燃費が悪くなる運転を繰り返していることが多いのです。

もちろん、走っているときが一番ガソリンを使っているわけで、停止していたりするときはガソリンの消費は少ないということなので、走っているときの運転の仕方に燃費を悪くする行動があるはずですね。

その部分に焦点を当ててガソリンをより多く消費してしまいそうな時を考えて見ましょう。

・発進するとき
・坂道を登るとき
・加速するとき

発進は必ず行わないといけないので避けることはできませんが、急発進は当然カソリンを多く消費します。
また、坂道もアクセルを踏まないと進まないので仕方なくアクセルを踏み込むわけです。
加速するとき、すなわち追い越すときや高速で合流するときなど思っている以上にアクセルを踏み込むことが多くありますね。

このように、アクセルを強く踏み込む時が多いと燃費が悪くなるということがわかります。
目立って燃費がわるいだろうなあと感じるのは、急発進・急加速されるような危険な運転をされる方ですね。

逆に言うと、アクセルを踏み込む回数を減らすと効率よくガソリンを消費するので、燃費も向上するということになります。
すなわち、どういうことかと言うと、スピードを一定に保って走れれば一番良いということです。

燃費向上はこんなところにも注意!

運転の仕方で燃費向上ができることがわかりましたが、他にも燃費に大きく関わることがあって、それが車の整備です。
これは苦手な方が多くて、特に女性の方は年間1回すれば良い方なのではないでしょうか。
燃費向上に関わりが大きいと言われていることをいくつか紹介します。

・タイヤの空気が抜けている。
・エンジンオイルが汚れている、少ない
・エアフィルターが汚れている

最近の車はエンジンオイルが汚れていても走らないわけではないし、オイルが少なくても車は走ります。タイヤの空気が少しぐらい抜けて空気圧が下がっている程度なら極端に燃費が落ちることもないので、気づかないので一番後回しになってしまいます。
特に最近ではセルフのガソリンスタンドで入れることが多いので整備するキッカケも少なくなってしまっていますね。

まめに整備することで燃費向上というか燃費が悪くなる状態をなくすことができるので、お金がかかることが多いですが、エンジンに負担を書けないようにすることで燃費は向上することができます。

前置きが長くなりましたが、燃費向上のテクニックを5つ紹介します。

アクセルワークが燃費向上のカギ

シエンタに限らず、ガソリン車でもハイブリッド車でもガソリンを多く消費するシチュエーションはアクセルを踏み込む行動でしたね。
ということは、アクセルを踏み込むことが少なくすれば燃費は向上するわけです。

ということで、どのようにアクセルをコントロールすれば良いかをお伝えします。

発進は緩やかに

車を発進するときは、急にアクセルを踏み込まず、ゆっくりと力を加えていく。特に前の車が発進していることに気づかずにハッとして急発進なんてことが多く見られるので、よそ見はしないことです。
そして心に余裕をもって、「急いでも到着時間は変わらない」ということを念頭において運転することが大事ですね。

エンジンブレーキを活用する

エンジンブレーキはアクセルを緩めるとエンジンの回転が下がって自然にブレーキがかかったような状態でスピードが緩まってくることですが、燃費向上にはできるだけ一定のスピードで走ることが一番なので、できるだけアクセルを踏み込む状況にさせないということができれば燃費はよくなります。
例えば、前の信号が赤になっていれば停止直前までスピードを落とさずに走って、停止直前でブレーキを踏んで停止するといった運転ではなく、遠くから少しずつスピードを落としながらできるだけ停止しないようなタイミングをコントロールしましょう。

シエンタのガソリン車は特に注意するといいですね。
ハイブリッド車は発進はモーターが発動してサポートするので、緩やかに発進すればガソリンを使わずに進むことができます。

車間距離を空ける

車間距離を空けるということが燃費とあまり関係ないように感じると思いますが、かなり重要なテクニックなんですよ。

アクセルワークが大事なことは理解されたと思いますが、アクセルワークが簡単にできるのが車間距離を空けることになります。
どういうことかと言うと、車間距離が空いていれば前の車のスピードが遅くなればブレーキを踏まなくてもアクセルを離すだけでOKだからです。

車間距離が短いとブレーキをなんども踏む機会が増えて、ブレーキを踏むごとに次にはアクセルを踏んでガソリンを消費してしまいます。

なので、アクセルを踏む回数を減らすために、車間距離を空けるということが重要になります。
安全運転にも効果あるので、一石二鳥ですね。

アイドリング時間の短縮

次は、アイドリング。
アイドリングとは、車を走らせることなく止まっている間もエンジンを書けている状態のことです。
走っていない、アクセル踏んでいないけど、少しずつガソリンを消費しています。

特に寒くなるとアイドリング時でもエンジンの回転が増しているのが音が大きくなっているのでわかりやすいと思います。

やはり長時間のアイドリングはガソリンも多く消費していますからできるだけ少なくしましょう。

荷物は少なく、タイヤの空気圧はまめにチェック

ガソリンを消費する原因で、気づきにくいのが車に載せている荷物です。少しぐらいいいだろうと思っていると、長年の積み重ねで多くの荷物を積みっぱなしになっていませんか?

車に乗る人数が増えるたびにアクセルを踏み込む深さが大きくなっていくのは経験されていることではないでしょうか。
シエンタで言えば、3人載っているときと、7人載っているときでは大きく変わります。特に坂道ではフルアクセル全開という感じですね。

普段から少しでも軽い状態で走ることが燃費向上に役立つことになります。無駄な重たいものは、載せておきたい気持ちはわかりますが、できるだけ車から降ろしておきましょう。

シエンタ燃費向上のまとめ

シエンタの燃費向上についてまとめました。
特にファミリー層にシエンタの購入者が多いので、少しでもガソリンを使わない、消費させない工夫を行って家計を助けられれば良いと思ってます。

効率のよい運転を心がけるだけで安全運転にもつながって、最終的には大きな金額の差になるのではないでしょうか。

シエンタのガソリン車やハイブリッド車に限らずどの車でも使える知識なので、何度も確認いただけると幸いです。

新型シエンタが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型シエンタがほしい!
新型シエンタは、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「欲しい車は高いから気が引ける…」
  • 「頭金も多く出せないしボーナスないかもしれない…」
  • 「値引き交渉が強く言えない…」
  • 「多くのディーラーに行くのもめんどくさい…」
  • 「しかもディーラーの口がうまくて…」
  • 「やっぱりどこよりも安く買いたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車のことはネットで調べても信頼できる情報は性能や定価だけ。
車の性能をわかっても費用や値引きのことは教えてくれません。。

というより、知らない人が大半です。

妻に相談しても、
「安い方でいいんじゃない!」
とあっさり・・・

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の6年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
25万円でした。

値引き額はというと、この時点で
20万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては45万も出して貰えれば十分でしたので、
「あと、30万どうにか!」なんて言えませんでした。

このときは、とりあえず用事があって間に合わないから
帰ることにしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、60万円も安く買えたんです!

もちろん特別仕様車でオプションもたくさん付けちゃいます!

最新の車は燃費も安全性能も装備もいい。家族を守るためにも
新車がやっぱりいいです!

私みたいに自分のほしい新車がもう少し頑張れば、
納得できる金額で買えるあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!