下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

この記事ではシエンタのオプションについて、メーカーオプションとディーラーオプションで、何がおすすめなのかご紹介します。

シエンタに限ったことではないですが、新車を見積もりするときにメーカーオプションとディーラーオプションという言葉がでてきます。

新車に追加オプションをすべて付ければ豪華になりますが購入費用も高くなるので予算と相談しながら決めていくことになります。

新型シエンタのオプションには、外装を豪華にするパーツや走行時の安全性能をアップするパーツまであります。

シエンタは人気なのでオプションパーツが多彩で、何を選んだらいいのかわからないと思います。
そこでシエンタのおすすめオプションパーツをご紹介します。

【スポンサーリンク】

シエンタのメーカーオプションとディーラーオプションとは

まずシエンタのメーカーオプションとディーラーオプションの意味を簡単に説明します。

メーカーオプションは車を工場で組み立てるときに一緒に取り付けられるパーツで、ディーラーオプションとは納車時にお店で取り付けてもらうパーツのことです。

メーカーオプションとは?

メーカーオプションとは、車を工場で組み立てるときに取り付けないと後付けが難しいパーツのことを指します。

例えば、シエンタの安全セーフティー装置「Toyota Safety Sense C」は、エンジン・ブレーキ・各種センサーなど後付けが難しいパーツばかりなのでメーカー工場で取り付けとなります。

メーカーオプションは、車の性格を変えるパーツもありますし、費用も高いので本当に必要なのかじっくり検討しましょう。

ディーラーオプションとは?

ディーラーオプションとは、お店で取り付けできるパーツのことで、純正パーツだけでなく、社外品に取り換えることも容易なのでDIY派の人でも作業が可能です。

代表的なものはカーナビ・スピーカー・ETCなどで、これらは純正品を購入しなくても、オートバックスなどの量販店で商品を購入でき、PITで取り付けをお願いすることも可能です。

実際の話、カーナビ・オーディオはディーラーで選べる商品が少なく、オートバックスなどの量販店のほうが品揃えがいいので自分の好みを見つけることができます。

【スポンサーリンク】

シエンタのオプションおすすめ~メーカーオプションとディーラーオプション~

それでは新型シエンタで、どんなオプションを選んだらいいのか、おすすめオプションをご紹介します。

とくにメーカーオプションはドライブの快適性をアップさせる機能がありますが、納車時でしか申し込みできず価格も高いのでよく検討して決めましょう。

メーカーオプションのおすすめ

新型シエンタの全グレードで選択することができるセーフティー機能といえば、Toyota Safety Sense CとSRSサイドエアバッグです。

Toyota Safety Sense Cは自動ブレーキ・車線はみ出しアラート・自動ハイビームでドライバーの安全運転をサポートします。

これらのメーカーオプションを付けると総額で約150,000円プラスになりますが、より安全に運転するために必要に思ったら検討してみましょう。

それと予算に余裕があれば、ナビレディパッケージといってバックカメラやステアリングスイッチが付いたキットも取り付けておくとカーナビの操作がラクになります。

約30,000円かかりますがおすすめです。

ディーラーオプションのおすすめ

ディーラーオプションは、カーナビ・オーディオ・ETC・ドライブレコーダー・バックカメラなどを販売店で取り付け可能なパーツのことを指します。

ディーラーオプションを選ぶ基準のひとつにT-Connectとフィッティングがあります。

T-Connectはトヨタが開発したドライブをサポートする先進的な機能があるカーナビでトヨタでしか購入できないものです。

メーカー純正パーツならシエンタ専用に開発しているので車内のインテリアにピッタリ合うデザインになっています。

トヨタのT-Connectナビとフィッティングにこだわるなら、ディーラーオプションを検討してみましょう。

【スポンサーリンク】

シエンタで後付けパーツおすすめ

新型シエンタを購入するときに、メーカー・ディーラーオプションは不要で、必要なものはオートバックスなどで揃えておきたい人に参考になるパーツたちをご紹介します。

カーナビ

新型シエンタのカーナビサイズは7インチを選びましょう。

社外メーカーから色々なカーナビが出ていますが、シエンタのステアリングスイッチが使えるレディナビパッケージ対応のパナソニック カーナビ ストラーダ CN-RA03WDがおすすめです。

パナソニック カーナビ ストラーダ CN-RA03WD

パナソニック カーナビ ストラーダ CN-RA03WD 無料地図更新 フルセグ/VICS WIDE/SD/CD/DVD/USB/Bluetooth/Wi-Fi 7V型ワイド

新品価格
¥57,700から
(2018/7/23 22:05時点)

このパナソニックのストラーダは、フルセグのテレビチューナー・DVD/CDプレーヤー・メモリーカード・buletooth・ハンズフリー・ETC連動に対応している多機能ナビです。

アマゾンなどの通販で60,000円~70,000円で購入できますし、持ち込み可のディーラーなら安心して取り付けを任せることができます。

カーナビ取り付け工賃は20,000円~30,000円でピンキリですが、電話で問い合わせてみましょう。

タイヤ+ホイール

新型シエンタへスタッドレスタイヤを購入するときに純正ホイールをスタッドレスタイヤ用にして、新たにサマータイヤ用にタイヤ+ホイールを購入される方は多いです。

どんなホイールを選んだらいいのかわからないなら、オートバックスのサイトが参考になります。

シエンタ(SIENTA)|タイヤ・アルミホイール| AUTOBACS.COM

該当の車種を選ぶと、マッチするホイールとタイヤが表示されるので便利です。

シエンタは純正15インチホイールですが、17インチまで選ぶことができドレスアップもできます。

サマータイヤとスタッドレスタイヤをそれぞれホイールごと交換できるようにしておくと、自宅でも簡単に交換できるのでおすすめです。

シエンタのオプションまとめ

今回は、シエンタのメーカーオプションとディーラーオプションのおすすめパーツからご紹介しました。

タイヤ+ホイールやオーディオ・カーナビは何度も交換できますが、車の走りにかかわるセーフティー機能は自動車工場でしか取り付けることができません。

自動ブレーキは運転に自信がある方なら不要という声がありますが、運転に不慣れな方が使用する場合はセーフティー機能を付ける声もあります。

新型シエンタの購入は高い買い物なので、後悔のないよう家族でよく相談しておきましょう。

新型シエンタが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型シエンタがほしい!
新型シエンタは、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「欲しい車は高いから気が引ける…」
  • 「頭金も多く出せないしボーナスないかもしれない…」
  • 「値引き交渉が強く言えない…」
  • 「多くのディーラーに行くのもめんどくさい…」
  • 「しかもディーラーの口がうまくて…」
  • 「やっぱりどこよりも安く買いたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車のことはネットで調べても信頼できる情報は性能や定価だけ。
車の性能をわかっても費用や値引きのことは教えてくれません。。

というより、知らない人が大半です。

妻に相談しても、
「安い方でいいんじゃない!」
とあっさり・・・

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の6年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
25万円でした。

値引き額はというと、この時点で
20万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては45万も出して貰えれば十分でしたので、
「あと、30万どうにか!」なんて言えませんでした。

このときは、とりあえず用事があって間に合わないから
帰ることにしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、60万円も安く買えたんです!

もちろん特別仕様車でオプションもたくさん付けちゃいます!

最新の車は燃費も安全性能も装備もいい。家族を守るためにも
新車がやっぱりいいです!

私みたいに自分のほしい新車がもう少し頑張れば、
納得できる金額で買えるあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!