下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

“シエンタ”と言えば、ミニバン型乗用車で、人気の車ですよね?
そのシエンタのエコカー減税と自動車税について、ご存知でしょうか?
どのくらいの減税があって、どのくらい納めなければいけないのか、分かりやすくご紹介していきたいと思います。
税金について、あまり詳しくないという方は、一緒にお勉強していきましょう。

【スポンサーリンク】

シエンタの誕生から、現在まで

“シエンタ(SIENTA)”は、2003年9月から発売された、トヨタ自動車のミニバン型乗用車です。
キャッチフレーズは、「瞬間・楽乗り・三列」。女性でも運転しやすい、小ぶりサイズの車の誕生となりました。

2006年にマイナーチェンジ、2015年には、初のフルモデルチェンジをし、7月より発売を開始。
キャッチフレーズは、「今日を、どう使う?」。今までとデザインは、大幅に変わり、シャープで、カッコいいイメージに。サイズも大きくなりました。
そうは言っても、小回りのきく、最小回転半径は、5.2m。地面から床までの高さは、33cmと、低床No.1で、乗り降りもしやすく、キャッチフレーズ通りの、様々なシーンに対応できる、家族みんなの“シエンタ”となっています。

又、ハイブリッド車もデビュー。燃費は、27.2㎞/L。地球にも、お財布にも、更に優しいシエンタが、仲間入りをしました。

2017年8月1日には、特別仕様車「G“Cuero”(クエロ)」が、デビュー。“もっと、カッコいい、シエンタ”を求める人には、オススメのクエロとなっています。
そして、今年、2018年、3年ぶりのマイナーチェンジを行い、9月11日に発売予定とされています。
どんなシエンタが、お目見えするのでしょうか?
楽しみですね。

進化し続けるシエンタ、やはり、気になるのは、車にかかる税金問題ですよね?
地球に優しい車が次々と発売され、税金が減税されるといった、車所有者にとっては、嬉しい制度が設けられるようになりましたよね?
シエンタは、どうなのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

シエンタとエコカー減税

「エコカー減税」という言葉、耳にしたことがある方も多いことでしょう。
エコカー減税とは排出ガス、燃費、共に、国土交通省が制定した数値をクリアした、性能の良い車に対して、自動車取得税と自動車重量税が、免税、或いは、減税されることを言います。
ただし、自動車取得税は、H.31.3.31、自動車重量税は、H.31.4.30までに、新規登録を行った車が対象となり、1回のみ、適用されます。

自動車取得税は、車を購入した際に、課せられる税金。
自動車重量税は、車の重量に対して課せられる税金で、車の購入時や、車検の時に納めます。
自動車重量税は、通常、0.5㌧ごとに、4,100円ずつ加算されますが、エコカーは、2,500円ずつの加算となります。

ここでは、2017年8月1日より発売された、シエンタ、特別仕様車「G“Cuero”」を取り上げて、エコカー減税について、ご紹介していきましょう。

「ガソリン車(2WD)の場合。」
自動車取得税  約 10,600円(減税) 約 42,300円(納付)
自動車重量税  約  5,700円(減税) 約 16,800円(納付)
合計 約16,300円の減税となります。
納付額は、合わせて、約 59,100円となります。

「ハイブリッド車の場合。」
自動車取得税  約 61,600円(免税)
自動車重量税  約 22,500円(免税)
合計 約84,100円の免税となります。

ハイブリッド車の車両本体の価格は、高額ですが、免税というメリットがあります。
ガソリン車とは、かなりの差が出ますね。
続いては、自動車税について、見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

シエンタの自動車税

自動車税は、お馴染みの方も多いですよね?
車の所有者に課せられる税金です。
車の排気量によって、納める額が変わってきます。
自動車税には、グリーン化特例という制度が設けられており、ハイブリッド車などに、翌年度分の自動車税について、減税が、行われる制度です。
もちろん、対象となる車とならない車があり、更に、H.31.3.31までに、新規登録を行った車が対象となります。

こちらも同じく、シエンタ、特別仕様車「G“Cuero”」を例に取り上げてみましょう。

「ガソリン車(2WD)の場合。」
グリーン化特例の対象車ではなく、シエンタの排気量は、1,500ccなので、34,500円の税金が課せられます。

「ハイブリッド車の場合。」
対象車となり、約 25,500円(減税)、9,000円(納付)となります。
それ以降は、34,500円となります。

シエンタには、様々なグレードがあります。
グレードによって、エコカー減税は、変わってきます。
マイナーチェンジ後に、減税の変化があるのか、注目したい所です。

自動車税も、納付が5月、ということもあって、何かと物入りの時期なので、少しでも減税されると嬉しいのですが…。

以上が、シエンタの特別仕様車「G“Cuero”」のエコカー減税と自動車税です。
頻繁に納めるものではないにしても、一度に払うとなると、かなりの高額になるので、少しでも知識を持っていると、次回の車購入の際に、参考にはなりますよね。

シエンタエコカー減税自動車税まとめ

「シエンタのエコカー減税と自動車税について、分かりやすく解説」について、ご紹介してきました。
車は、非常に便利なだけに、かかる税金も高額。性能が良くなれば、減税もされますが、車両本体の価格は、上がります。
減税を選ぶか、車両の安い方を選ぶか…。

シエンタに、何を求めるのかが、鍵となるでしょうか?
燃費の良さ、乗り心地、デザイン性、どんなシーンに?、主に使うのは誰?など…。
それぞれの判断になりそうですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

新型シエンタが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型シエンタがほしい!
新型シエンタは、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「欲しい車は高いから気が引ける…」
  • 「頭金も多く出せないしボーナスないかもしれない…」
  • 「値引き交渉が強く言えない…」
  • 「多くのディーラーに行くのもめんどくさい…」
  • 「しかもディーラーの口がうまくて…」
  • 「やっぱりどこよりも安く買いたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車のことはネットで調べても信頼できる情報は性能や定価だけ。
車の性能をわかっても費用や値引きのことは教えてくれません。。

というより、知らない人が大半です。

妻に相談しても、
「安い方でいいんじゃない!」
とあっさり・・・

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の6年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
25万円でした。

値引き額はというと、この時点で
20万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては45万も出して貰えれば十分でしたので、
「あと、30万どうにか!」なんて言えませんでした。

このときは、とりあえず用事があって間に合わないから
帰ることにしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、60万円も安く買えたんです!

もちろん特別仕様車でオプションもたくさん付けちゃいます!

最新の車は燃費も安全性能も装備もいい。家族を守るためにも
新車がやっぱりいいです!

私みたいに自分のほしい新車がもう少し頑張れば、
納得できる金額で買えるあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!