下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

シエンタと言えば、小型ファミリーカーとして、人気を集めていますよね?
ハイブリッド車も加わって、燃費の良さも売りの一つと言えるでしょう。

では、実際の所の燃費は、どうなのでしょうか?
ガソリン車とハイブリッド車、両車の燃費の実際について、迫っていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

シエンタの燃費

現在のシエンタは、2015年7月9日より、発売されたものです。
この時から、ハイブリッド車が新しく加わりました。

燃費は、
グレードG・X・X“vパッケージ”(4WD) 15.4㎞/L
G・X(2WD) 20.2㎞/L
X“vパッケージ”(2WD) 20.6㎞/L
G車イス仕様車・X車イス仕様車(2WD) 19.6㎞/L
ハイブリッド車 27.2㎞/L

と、トヨタの公式サイトなどには、表記されています。

これは、決められた条件のもとで、走行し、出された数値です(JC08モード)。“使用環境や、運転に応じて、数値は異なる。”と、注意書きもあります。

 

なので、実際にユーザーが、様々な場所や条件(例えば、でこぼことした道であったり、渋滞であったり、エアコンを使用していたりなど)で、運転した場合とでは、当然、数値の差が出るわけです。
なので、表記されている数値は、最高数値として、捉えていいかもしれません。

「実走行での燃費は、全車平均でJC08モード燃費より2割程度低下する

と、言われているそうです。

今は、低燃費を謳っている車も多く、購入者側もやはり、その良さに注目してしまいますよね?
ですが、実際に運転してみると、そうでなかったりする場合もあります。
この事を理解しておくと、「表記されている数値と違う!」なんてことには、ならないかもしれませんね。
知識として、頭に入れておかれるといいかもしれないです。

なので、表記されている数値から、2割下で計算すると、シエンタの実際走行の燃費は、ガソリン車で、約、12.3~16.5㎞/L。ハイブリッド車で、約、21.8㎞/Lとなりますね。

では、燃費の実際を、ガソリン車とハイブリッド車に分けて、みていきましょう。

【スポンサーリンク】

シエンタ、燃費の実際、ガソリン車。

シエンタのガソリン車は、エコカー減税対象車です。
※エコカー減税とは、燃費と排出ガスの性能に優れており、国土交通省の制定する基準値をクリアした車に対して、自動車重量税と自動車取得税を減税、又は、免税される制度のことを言います。

シエンタのガソリン車は、優れたエンジンの他に、停車時に、エンジンがストップするという、アイドリングストップ機能が搭載されており、それが合わさることによって、燃費の良さを実現しています。

実際に、シエンタのガソリン車に乗っている人の情報を調べてみると、「使うにつれ、燃費の良さを実感したと言う人、あまり感じないと言う人」と、様々でしたが、およそ、低くて、12~13㎞/L代。平均で、15~16㎞/Lといった所でした。
実際の燃費としては、普通~良いと、言えるのではないでしょうか。
シエンタのガソリン車が人気があるのも分かる気がします。

続いては、ハイブリッド車をみていきましょう。

【スポンサーリンク】

シエンタ、燃費の実際、ハイブリッド車。

ハイブリッド車も、もちろん、エコカー減税対象車です。
エンジンとモーターの良さを上手く活用させながら、低燃費の実現を図っています。
停車時には、ガソリンは使用せず、加速時には、モーターとエンジンを使い、減速時では、バッテリーの充電を行います。
何とも、賢いハイブリッド車ですね。

スムーズな走行も低燃費の要因と言えるでしょう。
又、静かな音というのも、ハイブリッド車の良さでもありますよね。

実際の燃費は?と言うと、市街地、あるいは、郊外で、燃費の良さを発揮しているようです。
冬場は、燃費が下がるとの意見もありました。

ガソリン車から乗り換えた方の中には、“満足”という答えが、上がっていました。
燃費は、平均17~20㎞/Lといった所です。まずまずといった感じでしょうか。

シエンタは、マイナーチェンジをし、9月に発売予定とされています。
ハイブリッド車は、燃費がさらに、アップすると言われています。
そうすれば、もう少し、数値の伸びが、望めるでしょうか…。

ガソリン車にしても、ハイブリッド車にしても、実際の燃費は、運転技術によって、変化してきます。
車の特徴を知って、運転のコツをつかめば、燃費アップが、望めるでしょう。
急発進をしない、ブレーキの踏み過ぎに注意、一定の速度を保つなど、車に負担のかからない、無駄なエネルギーを消費しない運転を心がけるといいですね。
車も人と同じです。

まとめ

「シエンタ、燃費の実際、ガソリン車とハイブリッド車、どうなのか?」について、お届けしてきました。
車の性能は、どんどん良くなり、特にハイブリッド車の仕組みには、驚きますね。
その分、車の価格が上がるのも事実ではありますが…。

ガソリン車にするか、ハイブリッド車にするか、これから車を購入する際は、選択肢の中でも大きなウエートを占めてくるかもしれません。
シエンタは、多くの場面で活躍できるファミリーカー。家族にとってどちらがベストなのか、多く利用するであろう、場面を想像すると、ガソリン車かハイブリッド車か、答えが見えてくるのでしょうか…。
じっくり、考えてみる価値、ありそうですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

新型シエンタが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型シエンタがほしい!
新型シエンタは、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「欲しい車は高いから気が引ける…」
  • 「頭金も多く出せないしボーナスないかもしれない…」
  • 「値引き交渉が強く言えない…」
  • 「多くのディーラーに行くのもめんどくさい…」
  • 「しかもディーラーの口がうまくて…」
  • 「やっぱりどこよりも安く買いたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車のことはネットで調べても信頼できる情報は性能や定価だけ。
車の性能をわかっても費用や値引きのことは教えてくれません。。

というより、知らない人が大半です。

妻に相談しても、
「安い方でいいんじゃない!」
とあっさり・・・

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の6年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
25万円でした。

値引き額はというと、この時点で
20万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては45万も出して貰えれば十分でしたので、
「あと、30万どうにか!」なんて言えませんでした。

このときは、とりあえず用事があって間に合わないから
帰ることにしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、60万円も安く買えたんです!

もちろん特別仕様車でオプションもたくさん付けちゃいます!

最新の車は燃費も安全性能も装備もいい。家族を守るためにも
新車がやっぱりいいです!

私みたいに自分のほしい新車がもう少し頑張れば、
納得できる金額で買えるあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!