下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

この記事では、シエンタ ハイブリッド カスタムパーツのおすすめをご紹介します。

人気のエアロやホイールなど気になるドレスアップパーツをラインナップしていきます。

トヨタの新型シエンタのハイブリッドモデルを購入したときに、カッコいいカスタムをしてみたいと思っていませんか。

エアロとホイールを一緒にカスタムできたらベストですけれど予算オーバーしてしまうのは間違いないので、エアロかホイールかなど優先順位をつけてカスタムしていく必要があります。

おすすめのシエンタ ハイブリッドカスタムの順番は、最初にホイールとローダウンで足回りを引き締めて、次にエアロでドレスアップしていくのが定番です。

この記事では定番のドレスアップ手順にそって、シエンタハイブリッドのカスタムパーツや人気ドレスアップパーツメーカーもご紹介します。

【スポンサーリンク】

シエンタ ハイブリッドのカスタム【ホイール&ローダウン】

シエンタ ハイブリッドでドレスアップするなら、最初はホイール交換とローダウンサスでカスタムしていきます。なぜならフルエアロにしても純正ホイールと車高のままではダサいのです。

流行りのスポーティーなホイールに車高調整機能のついたサスペンションにカスタムすれば、絶妙なロースタイルを作り出すことができます。

シエンタハイブリッドに似合うホイール

引用 https://minkara.carview.co.jp/userid/2703193/car/2279785/8027623/parts.aspx

新型シエンタ ハイブリッドにはWeds Sports SA-20Rのホイールがカッコいいです。

ウエッズスポーツのSA-20Rは細いスポークでスポーティーなホイールとなっています。

このホイールをシエンタに装着した写真は次の記事で見れますので、装着をイメージしてみましょう。

トヨタ 新型シエンタ タイヤ+ホイール交換&TPMS取付!

実際にホイールを購入するときはタイヤとホイールを専門にしたお店に行くと、こちらが欲しいホイールを指定すれば実際に車体に装着できるのかマッチングをしてくれます。

ホイールによっては車のフェンダーとタイヤが接触する場合があり、その場合は「フェンダーの爪を折ってタイヤと干渉させない」の作業が必要になります。工賃はお店によって違いはありますが4本で20,000円~です。

ローダウン

新型シエンタ ハイブリッドのホイールを交換したら、今度はローダウンにカスタムしましょう。

社外サスペンションのおすすめメーカーは「テイン」と「RS★R」で、どちらもモータースポーツで定評のあるメーカーなので安心感があります。

ローダウンにはサスペンションのスプリングだけ交換する「ローダウンスプリング」と、純正サスペンション丸ごと交換する「車高調整式サスペンション」があります。

ローダウンスプリングは商品と工賃セット5~6万円で交換できますが、車高ダウン量が決まっているので思ったようなドレスアップにならない可能性があります。

車高調整式サスペンションは自由に車高を調整でき、フェンダーアーチ内のタイヤとのすき間を揃えることができるので、車の見た目をカッコよくできるメリットがありますが商品の値段が80,000円~と高いです。

【スポンサーリンク】

シエンタ ハイブリッドのカスタム【エアロ】

新型シエンタ ハイブリッドのホイールとローダウンで足元を引き締めたらボディーにカッコいいエアロでカスタムしましょう。

理想はフルエアロですが予算が10万円を超える商品ばかりなので、単品で揃えるのが現実的です。

どこのエアロパーツから装着していくとドレスアップに効果的なのか解説します。

シエンタのフロントをカスタム

引用 http://brog.tomorrow01.com/?eid=593

シエンタ ハイブリッドに限った話じゃないですが、車のドレスアップパーツは「フロント・サイド・リア」とありますが、ドレスアップは「フロント」のカスタムからやるのが定番となっています。

例えばフロントバンパーの下に取り付ける「フロントスポイラー」は、シエンタの顔つきをガラッと変えることができます。

ただフロントスポイラーを付けると地面を擦りやすくなるので注意して走りましょう。

こちらの記事の写真が参考になります。

TRD / トヨタテクノクラフト TRD Sportivo フロントスポイラー のパーツレビュー

シエンタのサイドとリアをカスタム

シエンタ ハイブリッドの顔をドレスアップしたら次はサイドをカスタムしますが、これはシエンタ サイドドアの下部分を指します。

ドレスアップパーツでは「サイドスカート」や「サイドステップ」と呼ばれています。

ちなみにリアバンパーは「リアバンパースポイラー」とも呼ばれています。

シエンタのサイドとリアをカスタムするなら、フロントスポイラーのブランドメーカーと合わせましょう。

例えば先ほど紹介したTRDのスポイラーは「TRD Sportivo」というブランドで販売されています。

このブランドに合わせてカスタムしていけばドレスアップに一体感がでてカッコよくなります。

トヨタ シエンタ | カスタマイズカー | TRD Sportivo

【スポンサーリンク】

シエンタハイブリッドのカスタム【おすすめメーカー】

先ほどお話しましたが、新型シエンタ ハイブリッドのカスタムパーツはバラバラで揃えていくよりブランドで揃えたほうがカッコいいです。

ここではシエンタをドレスアップしてカスタムしたい方に、おすすめのブランドをご紹介します。

トヨタ モデリスタ

モデリスタとはレクサス/トヨタ車向けのカスタムパーツの商品を開発している会社です。

シエンタ ハイブリッドのモデリスタエアロキットは、フロントスポイラー・サイドスカート・リアスカートの3点がセットになっています。

次に紹介する写真は、17インチアルミホイール「MODELLISTA WingDancerⅢ」の装着シーンも見れるのでホイール インチアップの参考になります。

トヨタ シエンタ | カスタマイズカー | MODELLISTA Aero kit

トヨタ TRD

TRDはトヨタのスポーツブランドですが、その魂を受け継いだエアロをシエンタ ハイブリッドにドレスアップすることができます。

若い頃にスポーティーな車に乗っていた人は、トヨタのTRDがどんなブランドか理解できていると思います。

シエンタはファミリー向けの車ですが、外装だけはスポーティーにカスタムしたい方にはTRDのエアロがおすすめです。

エアロの装着シーンはこちらで確認できます。

トヨタ シエンタ | カスタマイズカー | TRD Sportivo

M’Z SPEED

引用 https://ucar.carview.yahoo.co.jp/model/toyota/sienta/8707370626UC/

M’Z SPEEDは、レクサス・ミニバン・SUV・コンパクトカーなどのエアロパーツを開発している会社で、スタイリッシュなエアロパーツが揃っています。

シエンタ ハイブリッドはエアロパーツだけでなく4本出しマフラーや17インチホイールのドレスアップも提案しています。

エアロの装着シーンはこちらで確認できます。

M’z SPEED | BodyKit | シエンタ

まとめ

シエンタ ハイブリッド カスタムパーツのおすすめについてご紹介しました。

シエンタ ドレスアップの最初は、ホイール交換とドレスアップで足元を引き締めて、次のお金ができたらエアロパーツを揃えてカスタムしていきましょう。

シエンタのエアロパーツのおすすめブランドメーカーは「モデリスタ・TRD・M’Z SPEED」です。

とくにモデリスタとTRDは知名度が高いので街中を走っていても目立つこと間違いありません。

この記事を参考に、素敵な1台を作ってくださいね。

新型シエンタが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型シエンタがほしい!
新型シエンタは、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「欲しい車は高いから気が引ける…」
  • 「頭金も多く出せないしボーナスないかもしれない…」
  • 「値引き交渉が強く言えない…」
  • 「多くのディーラーに行くのもめんどくさい…」
  • 「しかもディーラーの口がうまくて…」
  • 「やっぱりどこよりも安く買いたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車のことはネットで調べても信頼できる情報は性能や定価だけ。
車の性能をわかっても費用や値引きのことは教えてくれません。。

というより、知らない人が大半です。

妻に相談しても、
「安い方でいいんじゃない!」
とあっさり・・・

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の6年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
25万円でした。

値引き額はというと、この時点で
20万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては45万も出して貰えれば十分でしたので、
「あと、30万どうにか!」なんて言えませんでした。

このときは、とりあえず用事があって間に合わないから
帰ることにしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、60万円も安く買えたんです!

もちろん特別仕様車でオプションもたくさん付けちゃいます!

最新の車は燃費も安全性能も装備もいい。家族を守るためにも
新車がやっぱりいいです!

私みたいに自分のほしい新車がもう少し頑張れば、
納得できる金額で買えるあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!